目次

◆「設定中の料金と販売ポテンシャルのバランス」のグラフについて
◆グラフの見方
◆データ更新の頻度
 
 

◆「設定中の料金と販売ポテンシャルのバランス」のグラフについて


このグラフを確認することで、どの日に注目するべきか一目で把握することができます。


グラフの構成要素は以下の通りです。

縦軸:販売ポテンシャル
横軸:設定中の料金(現在ランク)


販売ポテンシャルは、料金管理トップ画面の各日付横に表示される、以下の青色のバーの合計値です。

ポテンシャルが高いほど、高値の参考ランクであり、逆にバーが短ければ低めの参考ランクとなります。

※販売ポテンシャルについての詳細は「日の需要・競合料金・予約ペースでは何を知ることができますか」をご確認ください。


◆グラフの見方

グラフの中心(図中の紺色のひし形)は、その月の「販売ポテンシャル」と「設定料金(ランク)」の平均スコアを示します。

「月の中心」を原点にし、グラフは以下の4つに区分されます。

A:順調
B:価格高め
C:価格安め
D:要改善

※月の平均が中心になるため、全ての日が「順調」になることはありません
 

▼A:順調

販売ポテンシャル、設定料金(ランク)ともに高い日が「順調」エリアに表示されます。
 

▼B:価格高め

販売ポテンシャルは低いのに、高めの料金で売っている日が「価格高め」エリアに表示されます。(自施設平均に対し、割高の傾向)もしかすると販売価格が高いために稼働の調子が悪いのかもしれません。自施設のデータと、競合施設の販売価格を確認してみましょう。
 

▼C:価格安め

販売ポテンシャルは強いのに、安めの料金で売っている日が「価格安め」エリアに表示されます。(自施設平均に対し、割安の傾向)もしかすると、もう少し強気な価格に設定できるかもしれません。自施設のデータと比較施設の料金を確認し、料金調整を改善できないか確認してみましょう。
 

▼D:要改善

販売ポテンシャル、設定料金(ランク)ともに低い日が「要改善」エリアに表示されます。このエリアに表示されている日は、プラン調整等、料金設定以外の工夫を検討しましょう。


◆データ更新の頻度

参考ランクと同様、データの更新は1日1回夜間に行います。


 

こちらのページをご覧になってもご不明点が解決されない場合は、右下のヘルプチャットよりご連絡ください!

回答が見つかりましたか?