目次
◆競合料金比較からわかること
◆競合施設の設定について
◆データの情報源と更新頻度について
◆グラフの見方---競合料金比較(月単位)
◆表の見方---競合料金比較(日単位)

◆競合料金比較からわかること

自施設と競合施設のOTAにおける販売価格を簡単に確認することができます。
これまで、競合施設の価格を個別に調べていた時間を短縮できるかもしれません。
 
 

◆競合施設の設定について

お手元で、競合施設の設定をすることが可能です。
自施設にあった競合施設を設定し、料金設定のための情報を効率よく集めましょう。

(競合施設の詳しい設定方法について:「「競合設定」はどのように行いますか」

 

◆競合料金グループの設定方法について

別記事で詳しくまとめていますので、そちらをご参照ください:「競合料金グループの設定方法について」
 
 

◆データの情報源と更新頻度について

OTAから自施設、競合施設の情報を取得しています。そのため、実績値とは異なります。MagicPriceにおける販売価格は、各施設がOTA上で販売しているプランのうち、最安値のプランを採用しています。
※「スペシャル割引500円」といったような、極端に販売価格が低いプランは除外しています

データの更新は、1日1回の定期更新(夜間)と、MagicPriceにアクセス(ページを移動した場合、再読み込みをした場合)した際に取得されます。
※料金取得中の場合は、以下のように「取得中」と表示されます。

一度取得してから1時間以内の場合は自動的に競合料金の取得は行われません。
1時間経過した後に再読み込みやページ遷移することで再取得が行われます。

手動で最新料金を取得したい場合は、「競合料金」のページより「最新の料金情報を表示」をクリックしてください。

◆グラフの見方---競合料金比較(月単位)

赤枠:競合料金グループの選択肢(設定した数だけ)
青枠:OTAの選択肢(OTA3社、じゃらん、楽天トラベル、Booking.com)

上のグラフと下の表は連動しているため、こちらで競合料金グループ/OTAの選択を変更すると下の表も変わります。


※折れ線の色の説明
水色:自施設の価格推移
グレー:ベンチマーク設定している施設の平均価格
赤:ベンチマーク設定している施設の最高販売価格
黄色:ベンチマーク設定している施設の最低販売価格

自施設の販売価格(水色の折れ線グラフ)が平均販売価格(グレーの折れ線グラフ)と比較して、大きく乖離していないか確認できます。理想は、常に自施設の販売価格と平均販売価格が一定の距離を保って推移していることです。
 
 

◆表の見方---競合料金比較(日単位)

赤枠:競合料金グループの選択肢(設定した数だけ)
青枠:OTAの選択肢(OTA3社、じゃらん、楽天トラベル、Booking.com)

上のグラフと下の表は連動しているため、こちらで競合料金グループ/OTAの選択を変更すると下の表も変わります。

  

▼料金の推移(前日比)

前日(※)の料金と比較して、販売価格に変動があった際に差分を表示します。
変動がない場合は「¥0」で表示されます。
※最新の料金に関しては直近2日(当日もしくは前日)の料金が表示されるため、前日比には一昨日の料金との差分が表示されます。
 

▼客単価

例えば、部屋タイプを「セミダブル」にした場合、2名利用時の販売価格が表示されます。
このとき、右側の赤色の枠には、1名あたりの販売価格が表示されます。
シングルの場合はそのままの料金を表示します。
 

こちらのページをご覧になってもご不明点が解決されない場合は、右下のヘルプチャットよりご連絡ください!

回答が見つかりましたか?